【必見】海外でサッカー契約を勝ち取る方法

【必見】海外でサッカー契約を勝ち取る方法

Hi, what’s happening everyone
hiroです。

2010年に日本でプロ経験なしでオーストラリアのシドニーに渡りセミプロ契約、そして三浦知良選手の次の日本人としてシドニーFCとプロ契約を結びました。

今回は私の経験から「海外でサッカーセミプロ/プロ契約を勝ち取る方法」を皆さんにシェアします。

海外でサッカーセミプロ/プロ契約を勝ち取りたい!

画像1

現実的に上の目標・夢を叶えるためには海外のチームからオファーを貰わないとチームの一員としてシーズンは戦えません。

今回の記事では海外のチームでどのようにプレーしたら、行動したら契約できるかを公開いたします。チャンスは皆さんにもあります。

まず、私の簡単なプロフィールは24歳に当時JFLのチームからオーストラリアへ渡り2部のチームと契約し、その半年後にAリーグのシドニーFCと契約しました。

 

私の経験談を交えて説明していきます。

読んで欲しい人

・海外でサッカーがしたい選手
・海外に来たがチームが決まらない選手
・サッカー選手として成長したい選手(結果…皆さんですね!)

 

では早速スタートしましょう!

 

自分の特性を知る

質問、あなたの「サッカー選手としての長所」はなんですか?

すぐに答えられた方は大丈夫です!
ただ、悩んでいる方は自分の武器はこれだ!と理解することが先決です。
友達、コーチなどに聞いて見てもいいかもしれません。

なぜ必要かと言うとチーム側はどのような選手なのか先に知りたがります。
足が早いのか?大きいのか?技術的にスキルが高いのか?運動量があるのか?

そこで自分の武器は、〇〇だ!とはっきり言えるとチーム側とのやりとりがスムーズになります。

チームの要望の応える

時にチームから自分の得意ではないポジションを求められる場合があります。
もちろん、中には得意なポジションで戦って契約する選手もいますが…全てそのケースではないことを頭に入れておいてください。

FWで勝負したいけど、サイドで見たいと言われたら… 断りますか?

断ったらそこで一つ選択肢が消えたと同じです。
勘違いして欲しくないのは日本人が海外に行った場合、皆さんは外国人枠になります。※外国人枠がないリーグもあります。ある前提の話です。
数少ない枠を他の日本人、そして外国人と争うのにそのポジションだったらやらない〜!と思ったら海外に行かない方がいい。

大切なことはチームに加入すること

違うポジションでも認められ加入してから、勝負したいポジションへのアピールをしていけばいい。このように考える選手がまだまだ少なく、チャンスを失っている気がします。

ぜひ、どのポジションでも全力で挑んでください。

チームの選手に認められる

チームの選手に認められる、これは非常に大切です。
チームスタッフ人に認められたらおそらく契約できるので、それ以前で考えると選手に認められることが大事です。

海外で練習参加に行くとまず何が起こるかと言うと…

パスがこない

これは私もありました。
レベル的には絶対にできる自信があっても、ボールがこない…
結構メンタルやられます。

そこで選手に自分から話しかけ、コミュニケーションを取りました。
日本のサッカーや文化、日本に来たことある?など簡単な会話からスタートしました。

いやいや…英語話せません

そのように思った方でも会話=コミュニケーションではありません。
ジェスチャーでもふざけるでもなんでもよく、現地の選手と関わることが非常に大切です。

それを少ししていくと勝手にボールは回ってきます。
※実力ももちろん影響します。

パスが回ってくれば、あとは自分の能力を最大限発揮するだけです。

貪欲にプレーする

ここに関しては海外だけではなく、日本でも同じことが言えます。
なぜそのチームに練習参加をしているのか?

答え = チームに入りたいから

シンプルですよね。

皆さんはチャレンジャーであって決してお客さんではない

オーストラリアでも日本でもこのような選手を見たのですが、本当にチームに入りたいのかな?と思わせるプレー、態度…

本当に契約をしたいなら上でも述べた方に積極的に選手やスタッフとも絡むことも大事だし、プレーでは消極的ではなくポジティブに仕掛けていくことが大事!

なぜなら、もしかしたらその1回のトレーニングでもういらない、もう明日からこなくていいよ!と言われることもよくあります。

フィジカル的な部分でもしっかり調整が必要ですが、それ同等にメンタルの部分で強くないと緊張などして自分のプレーが出せません。

私は主にボランチでプレーしましたが、日本でプレーしていた時より積極的に前にサポートして得点を演出しました。積極的になったことによって自分自身のプレーの幅も広がって、結果的にプレーの質も向上しました。

自分の長所を果敢にだし、普段の2倍積極的に貪欲にプレーを心がけてください。

まとめ

1. 自分の特性を知る
2. チームの要望の応える
3. チームの選手に認められる
4. 
貪欲にプレーする

以上4つは最低限意識しながら練習参加に挑んでください!

皆さんは決してお客さんではない、チームに加入して活躍しステップアップする!!

しっかりと強い気持ちを持ってチャレンジしてください。
私も気持ちや気合いなどの言葉はあまり好きではなかったのですが、海外では特に必要だと痛感しました。

今回は以上になります。

この記事を通して皆さんにも私と同じように海外でチームを見つけて契約して欲しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

I’m out